全笑セサミンのこだわり

高品質なオイルは身体にいい

全笑セサミンの成分

全笑セサミンができるまで

よくあるご質問

フォトギャラリー

ご購入

全笑セサミンの成分

全笑セサミンの原料は、こだわって育てた「ごま」を原料とする超高品質な「一番搾りオイル」です。

全笑セサミンは、セサミンだけを抽出しているわけではありませんので、国内の豊かな土と水で育まれた高品質なごまが本来持っている自然由来の様々な成分がそのまま含まれています。その中から、代表的なものをいくつかご紹介します。

セサミン

ごまに含まれる抗酸化物質の総称「ゴマリグナン」の一種です。全笑セサミンには、抗酸化物質としてセサミンの他にセサモリンも含まれており、セサミンと同様の効果を示します。

添加物が含まれた食品、ストレス、喫煙、大気汚染、紫外線など、現代社会では身体に過剰な活性酸素(身体のさびのようなもの)を発生させる要因がたくさんあります。この活性酸素を抑制する物質が「抗酸化物質」と呼ばれています。

身体の中でも特に肝臓はエネルギー生産が盛んで、体内に入ってきた食品添加物や化学物質、アルコールなどの分解・解毒も行っていますが、これらの処理を行うときにも活性酸素が大量に発生します。

実は、抗酸化物質は水溶性のものが多く、血液に溶けて血中の活性酸素を取り除きますが、その中でもセサミンは脂溶性のため、肝臓まで直接運ばれ、強力な抗酸化作用を示します。

セサミンやセサモリンの抗酸化作用は、二日酔いの防止や悪玉コレステロールの減少、シミやシワの防止などのアンチエイジング、疲労回復などへの効果が期待できると言われています。

リノール酸

リノール酸は主に植物性油脂に含まれている脂肪酸(オメガ6系 不飽和脂肪酸)で、体内では合成できないため食品などから摂取しなければならない必須脂肪酸です。

リノール酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させて血管の健康を守り、動脈硬化などを予防すると言われていますが、過剰に摂取すると、悪玉コレステロールだけでな善玉コレステロールも減少させ、逆効果になることがあるため注意が必要です。

※日本人のオメガ6系脂肪酸の平均摂取量は1日約8gから10gと言われていますが、全笑セサミンには高品質なリノール酸が約350mgから370mg(3粒/1日目安量あたり)含まれています。

オレイン酸

オレイン酸は善玉コレステロールを減らさずに悪玉コレステロールを減少させる効果があるとして近年注目されている脂肪酸です(単価不飽和脂肪酸)。

オレイン酸は、高コレステロール食や高エネルギー食、運動不足などが原因で増えすぎた悪玉コレステロールを抑制し、生活習慣病を予防する働きがあると言われています。

※日本人の単価不飽和脂肪酸の平均摂取量は1日約17gから20gと言われていますが、全笑セサミンには高品質なオレイン酸が約350mgから370mg(3粒/1日目安量あたり)含まれています。

ビタミン・ミネラル

全笑セサミンは、ごまの有効成分を低温で搾ってそのままカプセルに封じ込めています。そのため、天然のビタミンやミネラル成分なども含まれています。

このページのTOPへ