旬の野菜情報
唐辛子(とうがらし)
ビタミンAとビタミンCが豊富なことから、食欲増進、夏バテの防止に効果が高いとされます。
殺菌作用があり食中毒を防ぐとも言われるので、特に暑い地域で多く使われています。
また唐辛子は、脂肪分解酵素を活性化し、体内の脂肪の分解を促進します。特にカプサイシン(唐辛子の辛味成分)が、血行を促進し、新陳代謝を活発にしてくれたり、胃痛、胃もたれ、むかつきなど、胃炎を予防する効果が高いことがわかっています。
他にも、凍瘡・凍傷の治療、育毛など薬としても利用されています。
表示する期間を入力してください。
(この項目はブログには表示されません。)
開始:
1
 〜 
終了:
12