株式会社全笑 会社情報
あいさつ

私たち全笑は 生産者・地域の方・消費者 すべての人が
笑顔になる企業を目指しています。

日本の農業は現在、高齢化が進み、将来を担う若年層の就農は様々な対策が取られるものの、増加していないのが現状です。さらに農業人口の低下は耕作放棄地の増加を招き、古くから大切に守ってきた畑は荒れ放題となっています。

これらの根本的な原因は、汗水をたらし、丹精を込め、苦労して出来た作物が市場により価格を決められるという仕組みにあると考えられます。さらに近年では安価な外国産との価格競争、気候の変化による収量の増減など、安定した収入が得られない状況です。

そこで私たち全笑は自社農場経営による耕作放棄地の解消、いままでなかった作物の提案による地域の活性化、さらに栽培契約による安定した収入源の確保を生産者・地域の皆様に提案しています。

また生産管理された安心・安全な農作物の加工・販売までを全笑が行うことにより、消費者の皆様に安心してご利用いただける価値ある食品・商品の提供を可能にしました。この結果、付加価値のある商品の製造・販売により、生産者の皆様へ利益を還元することができると考えています。

「いい菜。いい食。いい笑顔。」を合言葉に私たち全笑は、皆様に笑顔をお届すべく日々行動してまいります。

あいさつ1 あいさつ2

ページトップへ

全笑の経営理念

私たちは 生産者・地域の方・消費者 全ての方が
笑顔「全笑(ぜんしょう)」になる経営を目指します。

  • 私たちは、日本の農業を活性化させ、農家の皆様が「笑顔」になる経営を目指します。
  • 私たちは、地域の発展に貢献し、地域の皆様が「笑顔」になる経営を目指します。
  • 私たちは、安心・安全な農産物や食品を提供し、消費者の皆様が「笑顔」になる経営を
    目指します。

経営理念

ページトップへ

事業内容

全笑には3つの事業があります。

農業経営事業 (本社 京都府南丹市)

京都府南丹市を中心に自社農場経営、契約栽培を行っています。

全笑は京都府南丹市から始まりました。地元の方々のご協力のもと自社農場経営を行っています。現在、京新清水唐辛子、タカノツメ、白ゴマ、黒ゴマ、ハバネロを栽培しています。また、農家の方々にも京新清水唐辛子やゴマ等を栽培していただいています。

農業経営事業1 農業経営事業2

食品加工事業 (工場 和歌山県有田郡)

農産物を使用した食品加工、新商品の開発を行っています。

和歌山にある全笑の工場は、唐辛子、山椒、柚子の一次加工、京新清水唐辛子を使用した加工品の製造を行っています。また、京都・和歌山で栽培された農産物を中心に、国産にこだわって厳選した原料を使い、高付加価値の商品の開発も行っています。 さらに周辺はぶどう山椒・柚子の産地となっています。

食品事業1 食品事業2

健康・美容事業

国産の農産物を使用した健康食品・美容関連商品の開発・加工・販売を行っています。

自社農場、また生産者の方々にご協力いただいた農作物を健康食品・美容品に加工し、販売を行います。    

健康・美容事業1 健康・美容事業2

ページトップへ

会社概要
会社名 株式会社 全笑(ゼンショウ)
設立 2009年1月
代表者 代表取締役 平野 仁智(ヒラノ ヒロトモ)
資本金 1,000万円
事業内容 農産物を原料とした製品の製造、加工、販売   農産物、食品の輸出入   農業経営
事業所 本   社 〒610-1105          京都府京都市西京区大枝塚原町2-29   和歌山工場 〒643-0512          和歌山県有田郡有田川町宮川6-2   東京事務所 〒105-0001          東京都港区虎ノ門3‐6‐2          第2秋山ビルディング3F
TEL 075-874-3198
FAX 075-874-3168
PC-mail info@zensho-net.com
取引銀行 京都信用金庫 園部支店   京都銀行 園部支店
主要株主 平野仁智   七味家本舗 (京都清水寺門前)
HP http://www.zensho-net.com/

ページトップへ

沿革
2009年 1月 株式会社 全笑 設立     京都農場事業開始   3月 京都農場 唐辛子栽培開始
2010年 4月 京都農場 ゴマ栽培開始   5月 和歌山工場 食品事業開始   9月 和歌山工場 生七味・練七味製造開始
2011年 1月 健康・美容事業開始     全笑セサミン販売開始

ページトップへ